リハビリテーション理念

人が生まれ、成人になり、高齢になる間に遺伝、疾病、事後、生活習慣、仕事、老化などが原因で首や腰や膝等に様々な変形が起こり、疾患と障害を引き起こします。
リハビリテーションとはそのような障害に対して姿勢や形態のアプローチを行い、骨格、筋肉、神経、関節、臓器なの機能を回復させます。
目的は機能回復  障害克服 家庭と社会への復帰 生命の質の向上である。

リハビリテーションの対応疾患
局部症状と障害 各種疼痛 浮腫 各種神経麻痺 感覚機能障害 運動機能障害
排泄機能障害 運動機能障害 呼吸機能障害 神経・筋肉疾患 整形外科疾患 循環器疾患
などに起因する日常生活機能低下

リハビリテーションの流れ

  1. 患者に対して機能評価を行う   観察 計測 医学評価
  2. 動作分析
  3. リハビリ訓練の目標の作成
  4. プログラムの作成
  5. 訓練目標の実施
  6. 再評価、修正、反省

リハビリテーションの手段

運動療法 物理療法 徒手療法 マッサージ ストレッチ ROMex  モビライゼーション
アライメント調整法 AKA 自主トレーニング  体操  リクリエーションなど

介護保険

介護保険で対応させていただきます。ご利用の際は、担当ケアマネージャーにご相談ください。

往診可能地域:
北区・板橋区・足立区・豊島区・文京区