+かぶれ、接触皮膚炎

かぶれ、接触皮膚炎

かぶれ、接触皮膚炎

皮膚に直接触れたものが原因となって起こる炎症や湿疹を、接触皮膚炎(かぶれ)と言います。

原因となる外的刺激が特定されている場合に、こう呼ばれます。

原因が明らかな場合は通常、「うるしかぶれ」「オムツかぶれ」など、原因物質の名前を頭につけて称されます。

原因が明確でない場合は、「パッチテスト」を行うことがあります。

パッチテストとは、原因と思われる物質を皮膚に貼りつけて反応を見る検査です。ただし、検査中は検査物質を48時間貼り続ける必要があり、検査のタイミングを考慮しなければなりません。

原因物質がわかったら、まずは、その物質が含まれるものに接しないように注意します。

原因物質を除去した後、短期的にステロイド外用薬を使用し、痒みが強い場合は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を用いて治療します。