+掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症は膿が溜まった膿疱と呼ばれる発疹が、手のひら(手掌)や足の裏(足蹠)に数多くできる疾患です。中年以降の人に比較的多くみられます。

また、長期喫煙者や扁桃腺の炎症を繰り返す方、歯科金属との関連も指摘されています。 発疹は、手掌、足底中心に小さな膿疱が出現し次第に黄色に変化します。その後かさぶたになり、角層が剥げ落ちます。しかし、これで治るわけではなく、すぐに再発し、慢性化をたどると、皮膚が赤黒くなり、角質も増殖して皮膚がガサガサと固くなったり、激しい痒みや時には痛みを伴うこともあります。

慢性的に経過する中で、突然、鎖骨や胸の中央の胸鎖肋関節などの関節が痛くなることがあり、掌蹠膿疱症性骨関節炎と呼ばれます。この痛みは非常に強く、日常生活が困難になるほどのこともあります。さらに放置すると、関節の変形などにもつながります。そのため、適切な治療が必要になってきます。

この病気は細菌やウイルスが原因ではないため(自己免疫が関係する疾患ではないかと推測されています)、抗生物質のような薬は効果がありません。そのため、炎症を抑える対症療法がメインになります。

治療は、重症度によって変わってきますが、最初の治療としては、まず炎症を抑えるためにステロイド軟膏、活性型ビタミンD3軟膏を外用します。ただ、外用薬だけだとなかなかコントロールできないケースが少なくないため、紫外線療法を併用したり、ビタミンAに似た物質であるエトレチナートを内服したりすることもあります。エトレチナート内服に際しては避妊が必要なので、事前に説明を受ける必要があります。 なお、掌蹠膿疱症の治療で大切なことは、禁煙あるいは減煙と言われます。

掌蹠膿疱症の患者様で喫煙習慣のある方は、ぜひ禁煙してみてください。

今まで外用療法しかされてこなかった患者様はぜひご相談ください。