+白斑

白斑

白斑

簡単に言えば、皮膚の色が一部ぬけて白い斑点のように見える疾患です。

一般に皮膚の色は、表皮の中に含まれるメラニン顆粒の量に応じて変化します。このメラニン顆粒は皮膚の一番底にあるメラノサイトという細胞でつくられます。ところがこのメラノサイトが何らかの理由で壊されて、機能が低下すると、メラニンの産生が極度に低下あるいは消失し、皮膚の色が部分的に白く抜けてしまうのです。この状態が白斑です(正式には尋常性白斑といいます)。別名「しろなまず」と呼ばれる疾患です。 日本の白斑患者さんは人口の1~2%程度と言われます。20代の発症が多いとされますが、各年代に広くみられます。男女差はほとんど無いです。

脱色素性母斑ほか、よく似た皮膚疾患がありますので、白斑なのかどうかをしっかり診断することが、治療の第一歩です。

白斑の原因は、はっきりとは解明されていませんが、自己免疫(自分自身の組織に対して免疫が攻撃的に作用すること)によりメラニン(体表に存在する黒褐色または黒色の色素)が破壊されるために発症すると考える説などがあります。

原因とも関連しますが、一部に持病として自己免疫疾患が隠れている場合があり、それらを検査しておく必要があります。採血検査にて精査いたします。

白斑の治療としては、ステロイド薬、活性型ビタミンD3軟膏、タクロリムス軟膏の外用療法や紫外線療法があります。

必要の場合、大学病院に紹介します。