+粉瘤(アテローマ)

粉瘤(アテローマ)

粉瘤(アテローマ)

粉瘤(ふんりゅう)は表皮嚢腫やアテローマとも呼ばれ、皮膚が毛穴の奥で袋を作ってしまい、中に老廃物や皮脂が溜まった半球状の腫瘍で、中央部には黒点状の皮膚開口部があります。強く圧迫すると、開口部から臭くてドロドロした内容物が排泄されるケースがあります。
炎症を起こしている場合は数週間抗生物質の内服をしたり、また小さく切開して膿を出したりして、炎症を抑えてから手術を行います。