+水いぼ

水いぼ

水いぼ

水いぼは正式には伝染性軟属腫と言い、伝染性軟属腫ウイルスによる皮膚感染症です。 幼少児によく見られ、痒みを伴うこともあります。
特に乾燥肌やアトピー性皮膚炎のある患者さんに多く見られます。その理由としては、乾燥肌やアトピー性皮膚炎があると、皮膚のバリア機能が低下するため、細かいキズからウイルスが入り込みやすいことと、痒みで引っ掻くことにより爪先からうつってしまうことなどが考えられます。
プールでよく感染しますが、水から感染するというよりも、皮膚間の接触やビート板の共有が感染原因として多いです。
水いぼの治療としては、専用のピンセットで一つずつ摘まんで内容物を出す方法が一般的です。ただし、強い痛みを伴いますので、この痛みを軽くする目的で麻酔のテープ(ペンレステープ)がよく用いられます。