+細菌感染症(蜂窩織炎・丹毒)

細菌感染症(蜂窩織炎・丹毒)

細菌感染症(蜂窩織炎・丹毒)

蜂窩織炎は、細菌による化膿性の炎症で、皮膚の浅い部分である真皮部分からその奥の皮下脂肪組織にかけて起こってきます。
主な原因菌は黄色ブドウ球菌ですが、連鎖球菌など、他の細菌によって生じることもあります。原因菌が何らかの経路で真皮や皮下脂肪組織に侵入し、発症します。
症状としては、広い範囲がぼんやり赤く硬くなって腫れ、熱感と様々な程度の痛みが生じます。顔面や四肢に最もよくできます。熱が出て、寒気・頭痛・関節痛を伴うこともあります。時間が経つと少しぶよぶよして、膿が見えることもあり、また、そこの皮膚が破れて膿や傷んだ皮膚組織が流れ出て、深い潰瘍ができることもあります。
血液検査をすると、白血球が増え、CRP(炎症反応)の上昇が認められます。丹毒は浅い部分に生じた蜂窩織炎なのですが、区別はそれほど簡単ではありません。
治療の基本は安静、患部冷却、患肢挙上、抗菌剤投与です。症状を放置して重症化すると入院の必要もでてきますので、その際は必要に応じて提携関連病院にご紹介します。ですから早期治療が肝心ですので早めに皮膚科を受診してください。特に、糖尿病等の持病のある方は重症化しやすいので、注意が必要です。