+タコ・ウオノメ

タコ・ウオノメ

タコ・ウオノメ

タコやウオノメは、足の特定の場所に継続的に圧力がかかって発症します。
タコは皮膚の表面の角質が部分的に肥厚したもので、芯はありません。一方、ウオノメは肥厚した部分にさらに圧がかかって硬くなり、芯をもっているため、歩く度に刺激されて痛みが走ります。
足の裏によくできるのが足底疣贅(そくていゆうぜい)というイボの一種で、これをウオノメと勘違いすることがあります。しかし、これはイボウイルス性の腫瘍であり、知らずに削って、かえって患部を広げてしまうことがありますので、この鑑別をきちんとつけるためにも、皮膚科への受診をお勧めします。
タコ・ウオノメの治療は、スピール膏やメス、ハサミなどを用いて角化した部分除去します。また再発予防のために靴の修正や、ソールの追加、圧迫部位へのスポンジやシリコンゲル貼付も有効です。