+みずむし、たむし

みずむし、たむし

みずむし、たむし

「みずむし」も「たむし」も、白癬菌というカビ(真菌)の一種が感染することによって発症する皮膚疾患です。
白癬菌の寄生する場所によって呼び名が変わり、足の皮膚に入り込めば「みずむし」、体部や四肢なら「たむし」、陰部なら「いんきんたむし」と呼ばれています。
「みずむし」は、白癬菌の増えやすい夏季に症状の悪化がよく見られ、足白癬は趾間型、小水疱型、角質増殖型、爪白癬の4つに分類されます。
趾間型は、足指の間の皮膚がふやけたように白く濁り、痒くなるのが特徴です。「みずむし」のなかで一番多く見受けられます。冬は症状が治まりますが、夏になると再発し、ジクジクして細菌感染を併発しやすいタイプです。
小水疱型は、土踏まずや足の縁などに小さな水ぶくれが多発します。これも夏季に悪化しがちで、強い痒みを伴うことが多いです。
角質増殖型では、足の裏から縁にかけての広い範囲で皮膚が厚くなり、冬のほうが、乾燥でひび割れ等を起こしやすくなります。痒みを伴わないので「皮膚が厚くなっただけ」と勘違いし、「みずむし」だと気づかないケースも少なくありません。足底が固くなり心当たりのある患者様は一度皮膚科への受診をオススメします。
爪白癬は爪にできる「みずむし」のことで、一般的に痒みは伴いませんが、爪が白色に変色し分厚くなります。
みずむし」も「たむし」も、一般には抗真菌剤外用薬で治療します。ただし、爪水虫や、角質増殖型の「みずむし」、また全身に及ぶ「たむし」の場合は、抗真菌剤飲み薬が必要になります。内服治療には最低でも半年はかかります。外用治療は治ったと思っても、なお1~2ヶ月は治療を続ける必要があり、冬場になっても根気よく続けることが肝心です。