+性感染症

性感染症

性感染症

性感染症とは、主に性行為を介して人から人へとうつる病気です。性病はほとんどの場合、夫婦間、恋人間、風俗店などでの性行為によって、精液や腟分泌液、血液を介して感染していきます(ここで「性行為」とは、性交そのものだけを指すのではなく、口腔性交(オーラルセックス)など、広い範囲の性行為(粘膜接触)を含みます)。 発症件数から言って、特に注意すべき疾患は、クラミジア感染症、淋病、および尖圭コンジローマ、梅毒の4つでしょう。

クラミジア感染症

病原体はクラミジアトラコマティスで、性行為における粘膜同士の接触で感染します。潜伏期間は、1~3週間です。症状としては、男性では排尿時痛や尿道掻痒感が生じることが多いですが、女性では症状が軽く、無症状のことも少なくありません。 診断は性器や尿道からの分泌物や尿、口腔内からの抗原検出や核酸検査(PCR)で行います。治療には抗菌剤を(マクロライド系、ニューキノロン系が中心)内服します。放置すると不妊、流産・死産の原因になることがありますので注意が必要です。

淋病

病原体は淋菌で、性行為による粘膜接触で感染します。潜伏期間は2~7日です。症状としては、女性ではおりものや不正出血が見られるか、あるいは症状が軽く、気づかないことも少なくありません。 診断は性器、尿道からの分泌物や口腔などからの病原体分離培養、あるいは核酸検査(PCR)で行います。 治療には抗菌薬を使いますが、各種の抗菌薬に対して耐性率が高くなっています。放置すると不妊の原因になることがあるほか、感染した母体から出産した新生児が淋菌性結膜炎になることがあります。

尖圭コンジローマ

病原体はヒトパピローマウイルス(6型、11型が多い。子宮頸がんを発症しやすいのは16型、18型)で、性行為による皮膚・粘膜病変部との接触で感染します。潜伏期間は3週間~8ヶ月くらいです。症状としては、性器・肛門周囲などに鶏のトサカ様の腫瘤ができます。診断は、病変部の形態の観察、病原体の核酸検査(PCR)で行います。 治療は、「ベセルナクリーム5%」という塗り薬による治療や液体窒素を用いた凍結療法、電気メスや炭酸ガスレーザーによる切除を行います。

梅毒

病原体は梅毒トレポネーマで、性行為による皮膚・粘膜病変部との接触により感染します。潜伏期間は、約3週間です。症状としては、感染部位(性器、口など)に赤色の硬いしこりやただれができ、近くのリンパ節が腫れます(第1期)。 その後、3~12週間くらいの間に、発熱、全身倦怠感などの全身症状とともに、皮膚に様々なタイプの発疹が現れます。このあたりで皮膚科を受診することが多いです(第2期)、さらに10~30年の間に心臓や血管、脳が冒されます(第3、4期)。 診断は、病変部の病原体を確認(顕微鏡観察)するか、血液による抗体検査で行います。 治療には抗菌薬(主としてペニシリン系)を使います。放置すると第1期から2期、3・4期へと、徐々に進展します。精神異常をきたしたり、死に至ったりすることもあるほか、母体の感染により、出生児が先天梅毒になることがあります。