+膠原病

膠原病

膠原病

膠原病とは、簡単に言えば自分自身の免疫が暴走して自分自身の体を攻撃する疾患群の総称です。単一の病気の名称ではなく、皮膚や内臓の結合組織(いろいろな組織の間に存在する膠原線維などからなる部分)や血管に炎症・変性を起こし、様々な臓器に炎症が起こる病気の総称です。個々の疾患名を挙げると、例えば全身性エリテマトーデス、全身性強皮症、多発性筋炎・皮膚筋炎、シェーグレン症候群、ベーチェット病、悪性関節リウマチなどがあり、国の難治性疾患克服研究事業により、治療費を補助する「特定疾患」に指定されている病気も少なくありません。
これらの病気に共通する症状としては、発熱、関節炎、全身倦怠感などの全身症状と、皮膚症状、筋症状、および各種の内臓症状があります。
膠原病は多くの臓器に関わる、しかも慢性的な炎症性疾患です。しかし最近では、ステロイド剤や免疫抑制剤などによる薬物療法が大きな進歩を遂げており、医療機関に通院して適切な治療を受けることによって、多くの患者さんで症状の改善が望めるようになっています。