+真菌症

真菌症

真菌症

爪白癬、体白癬、最近柔道選手らの間で流行しているトリコフィトン・トンズランス感染などがあります。

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビが足の皮膚に入り込んで生じる病気です。水虫は、趾間型(しかんがた)・小水疱型・角質増殖型に分類されます。

顕微鏡検査で白癬菌をきちんと確認して治療を行います。 難治性である爪白癬に対し、抗真菌剤の持続内服もしくはパルス療法(1週間抗真菌剤を内服し3週間休薬するという間歇的な内服方法です)。

保険適応です。

内服薬が飲めない方には、外用療法を行っています。