+脂漏性皮膚炎・フケ症

脂漏性皮膚炎・フケ症

脂漏性皮膚炎・フケ症

    脂腺の多いところに生じる湿疹で、頭部や顔(特に眉間、ほうれい線などの顔の中心部)、胸背部などにできやすいのが特徴です。新生児や乳児にも見られますが、この場合は大きくなるにつれて改善することも多いです。

    一方、問題なのは中高年の方の場合で、頭、顔、耳にフケがしつこく出て、痒みも伴い、とても憂うつな病気です。

     原因としては皮脂の成分の質的異常であり、皮膚の機能の老化が関係しています。また、マラセチアというカビの一種の感染が関与することがあります。

    脂漏性皮膚炎の治療としては、強くこすり過ぎないように気をつけながらもしっかり洗うのが基本で、そうした後にステロイド軟膏とマラセチアに効く抗真菌剤を塗ります。

    その他、ビタミン剤内服を併用することもあります。