+痒疹

痒疹

痒疹

とても痒い赤茶色の丘疹(皮膚の盛り上がり)が散らばるように生じる疾患です。スネのあたりやお腹まわりに限られるものから、体じゅうにできるものまで、タイプはいろいろです。また、丘疹は1週間程度で治ってしまうものから、何ヶ月も治らずに茶色の硬い「いぼ」のようになってしまう慢性のものまであります。
今のところ原因ははっきりとは、わかっていません。虫さされやアトピー性皮膚炎のようなアレルギー、内服薬が関係しているケースもあります。長い間、引っ掻き続けてしまうことも一因になっていると考えられています。
痒疹では、一般的な血液検査をしても異常の無いことがしばしばです。しかし、中高年以上で症状がひどい方の場合には、何らかの内臓疾患と関連していることがあります。たとえば糖尿病や透析を受けている方には痒疹がよくみられます。ホルモン異常、肝臓・胆道系の異常、血液疾患、悪性腫瘍、金属アレルギーなどが隠れているケースもあります。このように誘因は人それぞれですので、いろいろな検査を重ねながら問題を探していきます。しかし詳しい検査をしても、何も見つからないこともあります。
治療にはステロイド外用薬と、痒みに対する抗ヒスタミン薬が用いられます。体じゅうに症状がある場合には紫外線療法を行うことがあり、痒みにもよく効きます。当院では紫外線療法も含めて上記すべての治療を受けることができます。いままで外用等だけで改善が見込めなかった方は、ぜひご相談ください。