在宅診療とは

○通院困難になった方の自宅における適切な医療提供を通じて、可能な限り患者の精神的・肉体的な自立を支援することです。

○医療分野だけでなく、福祉や医療関連サービス等他の分野との連携による総合的な対応をします。

 

○流れとしては、まずは電話にてご相談ください。 患者様およびご家族に、在宅診療のご希望と料金へのご同意いただいたのち、初回訪問の予約をお取りします。その後、予約日時にご自宅にお伺いします。

 

○費用の負担は、往診をした場合のその都度の往診料に加えて、月2回以上の定期的往診を行った際の医学的管理料がかかります。

外来へ受診した場合よりは少し多くかかりますが、入院に比べると非常に安価です。

【例】老人医療受給者証の負担割合1割の方 2週間に1度の訪問診療を実施 ⇒ 1ヶ月の医療費(自己負担額)6~7,000円程度

○請求は1ヶ月分の診療についてまとめて、翌月の上~中旬に請求書をお送りいたします。 銀行振り込みか現金支払いかを選んでいただくことができます。

往診可能地域: 文京区・北区・豊島区・板橋区・足立区・練馬区

 

機能を強化した在宅支援診療所として、24時間対応、医療と介護の地域連携プレイと、病院医療と在宅医療の継続性と一貫性を重視し、地域に根ざした職種間のネットワークの構築に努めております。

訪問看護体制(みなし指定)

中心静脈栄養や経管栄養(クリーンベンチ対応の薬局対応)  インスリン等自己注射管理指導    褥瘡、ドライスキン、皮膚感染症、フットケア等    排便のコントロール     進行がんの在宅管理等      腎不全    ストーマ管理指導   各種カテーテル使用    気管切開等。地域中心に医療依存度の高い在宅患者に対して介護保険と医療保険による訪問看護を行っております。

在宅訪問リハビリテーション(みなし指定)

整形疾患、脳脊髄疾患、呼吸疾患、老衰などに対応して、施設や自宅に療養される患者様にて理学療法士による訪問リハビリテーションを行います。地域中心に介護保険による訪問リハビリテーションを行っております。

訪問診療のイラスト「お医者さんと看護婦さん」キャップなし