痒みの強い、蚊に刺されたようなわずかに盛り上がったみみず腫れが数分~24時間以内にできて消えていく皮膚疾患をじんましんと言います。

多くは痒みを伴いますが、チクチクとした痛みや、熱く焼けつくような痛みを生じることもあります。 経過期間で分ける分類や、誘因で分ける分類があります。期間で言えば4週間以内に治るものを急性じんましん、それ以上の期間にわたって断続的に発症するものを慢性じんましんと呼びます。

じんましんの原因を知りたいと外来受診される患者様も多くいらっしゃいますが、実際はじんましんの原因は、特定できないものが大部分です。

急性じんましんの一部では、食べ物や内服薬、細菌やウイルスの感染などの関与を疑うものもあり、検査としては血液検査IgE RAST法、一般血液検査などを行います。

しかし、慢性じんましんでは、原因が特定できないことが少なくありません。

じんましんの治療は、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤など内服治療が第一です。薬を内服すれば、多くの人は数日で症状が治まりますが、中途半端に治療を中断せずに医師の指示に従って内服を継続したり、徐々に減らしていくことが大切です。

既にかいて傷ができてしまった患者様にはステロイド外用薬を併用することもあります。

蕁麻疹の漢方的考え

「水」(カラダをうるおしているもの)」と「熱」のバランスが崩れたとき、風邪(ふうじゃ)という邪気が皮膚から侵入することによって起こると考えられています。また、「水」が滞ると全身の組織や器官に栄養を与える「血」も滞り、本来あるべき栄養補給や排出の働きにも影響を与えるとされています。

デドックスと衛気を高めるのは体質改善につながります。生薬パワーを借りてじんましんを繰り返さないカラダを目指しましょう。